インナードライ肌の人が気をつけたい基礎化粧品の選び方

インナードライ肌とは、肌表面は油分が多くオイリー肌に間違われることも多いのですが、実際のところ、肌内側は砂漠のようにカラカラで水分が足りていない肌のことを言います。
つまり、肌内側の水分が極端に少ないため、代わりに油分で補おうと過剰に分泌され、肌表面がテカテカして見えてしまうのです。
インナードライ肌の人が気をつけたい基礎化粧品の選び方とは、とにかく保湿重視ということ。
一見すると油分が多いので、オイリー肌と同じようにすっきり洗い流すクレンジングや洗顔料、さっぱりした化粧水や乳液などをお使いの方は要注意です。
インナードライ肌は、水分を内側に溜め込んでおく力がとても弱いので、オイリー肌と同じ化粧品を使っていると、刺激が強く必要な潤いまでも取り去ってしまいます。
そのため、大切なのは潤いを残しながら余分な皮脂や汚れを洗い流し、しっかりと保湿をして水分を肌に溜め込めるよう蓋をすることです。
そんなインナードライ肌の人にオススメな化粧品は、クレイが入った化粧品。クレイが入ったパックや、洗顔料、化粧水などもあります。
クレイの良いところは、皮脂や汚れを落としながらも潤いを残してくれるところ。つまり、インナードライ肌にピッタリなんです。
たくさん種類があるのはやはりパック。洗い流すパックにクレイが入っていることが多く、流した後は余分な角質を除去してターンオーバーを促してくれます。
その後のスキンケアがぐんぐん浸透するので、定期的に行うとキメの整った潤い肌が保てます。
その他にも、現在は洗顔料やクレンジング、化粧水など、様々な化粧品にクレイが入った製品があります。
オイリー肌用の化粧品が良くないのは分かったけれど、保湿重視の化粧品は使い心地が重くて嫌だ、という方は是非試してみてはいかがでしょうか。
インナードライ肌に合う基礎化粧品を見つけることは実はとても大変。どれか1つでも、クレイが入ったものを使ってみると良いかもしれません。

ニキビケアに効果有り!ハトムギ化粧水!

ニキビは繰り返しできやすい人にとっては美容を考える際に大きな壁となって立ちはだかりますよね。
どんなニキビケアの化粧品を使用しても上手く行かなかったという人も非常に多いのではないかとおもいます。
しかし、最近ニキビに非常に効果があると注目されている化粧水があるんです。
それが、ハトムギ化粧水です。
これとニベアクリームの組合せがニキビケアのための美容に非常に効果的だと言われているのです。

・ハトムギはそんなにニキビ・美容に効果があるのか

ハトムギ化粧水はハトムギ茶として健康茶にも使われていることで有名なハトムギというイネ科の植物を使用したものです。
古くから漢方薬の材料としても使用されていました。
ハトムギの皮を剥いて乾燥させたヨクイニンと呼ばれるものを生薬として使用し、肌荒れやイボなど幅広い肌トラブルを緩和させる効果を発揮していました。
こういった効果があることからハトムギが注目され、ハトムギ化粧水は生まれたのです。

・ハトムギ化粧水とは

ハトムギ化粧水の特徴はべたつかずにさっぱりとした感触であることです。
なので、肌につけたらすぐに浸透していきます。
特に夏場は肌がとても乾燥しやすいです。
肌が乾燥してしまうことはニキビを発生させやすいので、ハトムギ化粧水のようにすぐに浸透して肌に水分補給させることが出来る化粧水はニキビの対策にうってつけなのです。
そもそもハトムギが持っているハトムギエキスが保湿力に非常に優れているため、加齢と共に崩れてしまいがちなターンオーバーの乱れを直してくれて、肌が外部からダメージを受けてもすぐに回復しやすい肌にしていってくれるのです。

・ニベアクリームの役目は?

これだけ述べているとハトムギ化粧水だけで十分に思えてきますよね。
でも、よりニキビの出来ないような肌を作るにはニベアクリームでのケアも必要なのです。
というのもいくらハトムギ化粧水が浸透しやすいといってもそれだけでは夏の厳しい日射しでせっかくの水分・化粧水に配合された美容成分も逃げていってしまいます。
そういったことを防ぐのがニベアクリームなのです。
ニベアクリームは非常に濃厚であり、油分がたっぷりと含まれています。
それによってハトムギ化粧水を塗ったことで与えた水分や美容成分が外に逃げていかないように蓋をすることが出来るのです。

・2つの力でニキビとサヨナラ!

ハトムギエキスとニベアクリームは最強の組合せです。
是非一度試してみて、ニキビ肌からサヨナラしちゃいましょう!

宮城舞プロデュースのお茶を飲む

美甘麗茶という宮城舞プロデュースのデトックティーを飲むことで老廃物を取り除くことが出来、
お肌も綺麗になります。筆者も実際に飲んでみたのですが、ノンカロリーなのに甘くてとても美味しかったです。
一度飲んでみることをオススメしますよ。