インナードライ肌の人が気をつけたい基礎化粧品の選び方

インナードライ肌とは、肌表面は油分が多くオイリー肌に間違われることも多いのですが、実際のところ、肌内側は砂漠のようにカラカラで水分が足りていない肌のことを言います。
つまり、肌内側の水分が極端に少ないため、代わりに油分で補おうと過剰に分泌され、肌表面がテカテカして見えてしまうのです。
インナードライ肌の人が気をつけたい基礎化粧品の選び方とは、とにかく保湿重視ということ。
一見すると油分が多いので、オイリー肌と同じようにすっきり洗い流すクレンジングや洗顔料、さっぱりした化粧水や乳液などをお使いの方は要注意です。
インナードライ肌は、水分を内側に溜め込んでおく力がとても弱いので、オイリー肌と同じ化粧品を使っていると、刺激が強く必要な潤いまでも取り去ってしまいます。
そのため、大切なのは潤いを残しながら余分な皮脂や汚れを洗い流し、しっかりと保湿をして水分を肌に溜め込めるよう蓋をすることです。
そんなインナードライ肌の人にオススメな化粧品は、クレイが入った化粧品。クレイが入ったパックや、洗顔料、化粧水などもあります。
クレイの良いところは、皮脂や汚れを落としながらも潤いを残してくれるところ。つまり、インナードライ肌にピッタリなんです。
たくさん種類があるのはやはりパック。洗い流すパックにクレイが入っていることが多く、流した後は余分な角質を除去してターンオーバーを促してくれます。
その後のスキンケアがぐんぐん浸透するので、定期的に行うとキメの整った潤い肌が保てます。
その他にも、現在は洗顔料やクレンジング、化粧水など、様々な化粧品にクレイが入った製品があります。
オイリー肌用の化粧品が良くないのは分かったけれど、保湿重視の化粧品は使い心地が重くて嫌だ、という方は是非試してみてはいかがでしょうか。
インナードライ肌に合う基礎化粧品を見つけることは実はとても大変。どれか1つでも、クレイが入ったものを使ってみると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です